目のピクピクや目の下の痙攣、違和感の原因

目のピクピクや目の下の痙攣、違和感の原因

 

まぶたの痙攣何とかしたい

 

仕事中や運転中、左目や右目が急に痙攣し始めたり、まぶたがピクピクして困ったことがありませんか。私は40歳を過ぎた頃から、この瞼のピクピクや目の痙攣に困っていました。室内の仕事中はまだいいのですが、さすがに運転中は結構怖い思いをすることも。冬の帰宅時の運転などちょうど日暮れ時間になるので、人通りも多くかなり注意をしながら運転しています。私と同じように不便な思いをしている人も多いのではないでしょうか。

 

ここでは目の痙攣やまぶたのピクピクの原因を紹介していきたいと思います。あなたの目のトラブルの解消のヒントになれば。

 

左目や右目の痙攣やピクピク、まぶたの片方が痙攣する原因

 

顔の中でも目の周りやまぶたというのは皮膚が薄く、筋肉もかなりデリケートにできています。そうでないと目を細かく動かしたり、とっさの時にまぶたを閉じて目を守ったりできないから。また日頃からよく瞬きをして使っているので疲れやすいというのも痙攣の原因の一つになります。目を酷使したり、ストレスが加わり目の神経が反応すると痙攣が起こるのです。

 

 

まぶたの痙攣やピクピクはストレスから

現代社会はとてもストレスの多いところ。仕事や人間関係、その他複雑な社会環境によりストレスにさらされない時間の方が少ないのではないでしょうか。もちろんストレスというのは体感しない物が多く、気づかないうちにさらされていることがほとんどです。体の様々なところに影響を与えるストレスですが、やはり敏感な器官である目の周りにもかなりの影響を与えます。自分ではなかなか感じられないのですが、ストレスが瞼の痙攣やピクピクの原因だと思った時は、目の周りのマッサージやホットパック、また市販のホットアイマスクなどを使って少しでも目の周りのストレスをなくすようにしていきましょう。できれば1時間に1回位は目を休ませるのが理想です。目薬をさすのもそれなりの効果が見込めます。

 

目のストレスを和らげる簡単なホットタオルの作り方

1.ハンドタオルなどを濡らして固めに絞ります。
2.ラップでくるんでレンジで30秒〜1分加熱します。
3.取り出して必ず温度をチェックして目に当てて5分程度温めます。
このときハッカ油や好みのアロマを垂らすのもいいでしょう。

 

目のストレスを和らげるための目薬のさし方

目のストレスを和らげるために目薬をさす場合は、いくつかの注意点があります。まずは清潔にすること。手が汚れていたり、目の周りが砂埃などで汚れている場合は、必ず水道水で洗ってきれいにしてからしましょう。別の病気や感染症を防ぐためです。またまつげに直接目薬の容器がつかないようにも注意してください。
目薬をさした後は瞬きはせず、30秒から1分静かに目をつぶっていましょう。なお目薬は1滴で十分です。後はハンカチなどではなく、ティッシュなどで溢れてきた目薬を拭き取ってください。

 

 

まぶた痙攣はビタミン不足が原因

スマホやパソコンなどで目を酷使した時、その疲労回復のために効果があると言われているビタミンがビタミンA、 ビタミン B 1、ビタミン B 2、ビタミン E などです。この内ビタミンAはほうれん草などに多く含まれるビタミンです。ビタミン B 1は豚肉に、ビタミン B 2は卵などに、ビタミン E は人参などの緑黄色野菜に多く含まれています。これらを効率的に摂取するなら、ほうれん草 と卵の炒めものや豚ミンチとかぼちゃのカレー煮込みなどのレシピがおすすめです。これらの食材は色々とアレンジしやすいので自分の好きな調理方法で積極的に摂るようにしましょう。 一人暮らしでどうしてもなかなかこのような調理ができない時はこれらが含まれているサプリメント摂取するのもいいでしょう。 ちなみにビタミンAは脂溶性ビタミンなので油で炒めるのがおすすめです。にんじんしりしりなどもいいですね。

 

 

目の下違和感の原因は他の病気の可能性も

目の下に違和感を感じる時に疑われる病気として眼瞼ミオキミアがあります。症状として多いのは目の下の違和感や痙攣が1日に何回も感じられるようになること。しかしこの症状が心配になって病院に行ってもほとんどの場合、自然治癒を待つことが多いようです。ただしあまりこの症状が重症化するとまぶたが下がってきたりして、指でまぶたをあげないと目を開けられなくなるという不自由なことになる場合も。この目の下の違和感は残念ながら現在のところ何が原因であるのかははっきりとされていないのも多く、これがこの症状の不安を増やしている原因になっています。

 

目の下のピクピクや痙攣の原因は

目の下が痙攣したり、ピクピクする場合も目の下の違和感と同じく、はっきりとした原因が分かっていないことがほとんどです。脳や神経の伝達異常であったり睡眠導入剤などの薬物によるものなど、原因としては多くの因子が存在しており、なかなか特定することができていないのが現状です。ドライアイや白内障が原因であることも。目は人間にとって非常に大事な器官なので心配な場合は眼科で検査を受けましょう。

 

 

まぶたや目の周りのトラブルなんとかするには

 

まとめ

左目や右目の痙攣やピクピクの原因としては、ストレスやビタミン不足 、目の疲れ睡眠不足、何らかのアレルギー、薬物の影響、年齢的なものなど、なかなか特定できる原因が見つからないのが多いようです。またこれらの症状は男性に比べ女性の方が発症しやすいので女性の方はこのような症状が出た場合、一度専門の医療機関で検査を受けることをお勧めします。

 

また日頃から目を酷使しない、ツボ刺激やマッサージをする、ホットアイマスクなどで目の周りの筋肉のストレスを少しでも減らすなどの努力をしていくことも大切です。

 

もし仕事や育児などで時間がない、家庭で簡単に瞼の痙攣やピクピクを何とかしたいと言うのであればこれらの症状の解消専用に作られたアイアクトを試してみるのもいいと思います。

 

 

アイアクトは目の周りに塗るだけで簡単にこれらの解消してくれます。 医学雑誌にも紹介されたアイアクトは今口コミで人気が広がっているようです。もし使ってみて肌に合わない場合は返金保証も付いているので一度試してみるのも良いのではないでしょうか。ボトックス注射よりも良かったという口コミもあります。

 

 

 

 

page top